金属ゴミ貯留ホッパーのウレタンコーティング事例|ユニレタンシリーズ

  • お電話でのお問い合わせ tel:072-968-1166
  • FAXからのお問い合わせ tel:072-968-3233
  • お見積り・お問い合わせ
  • 納品までの流れ
  • ENGLISH
  • TOP
  • ユニレタンシリーズとは
  • 表面処理・コーティングでお悩みの方へ
  • 選ばれ続ける理由
  • よくある質問
  • 会社案内

金属ゴミ貯留ホッパーのウレタンコーティング事例

金属ゴミ貯留ホッパーのウレタンコーティング事例

ゴミ処理場にあるホッパーのウレタンコーティングです。

【ウレタンコーティング施工前】

ゴミ処理場内で収集後分別された金属ゴミがコンベアからホッパーに投入される仕組みとなっており、投入された際にホッパーの壁面を摩耗、損傷から防ぐことが目的となります。また、衝撃音緩和する為、防音性も求めらます。

ホッパー内は金属ゴミの落下により損傷があり、特に固定ボルトはネジ穴が削ぎ落ち使用不可の状態でした。なので設備の分解が困難だったので分解せずに施工する方法が必要でした。

【ウレタンコーティング施工後】

2液混合性の「瞬間効果型ウレタン素材」を専用コーティングマシンで施工することで分解せずにコーティングすることができました。また。設備を分解することなくコーティングができたのでウレタン硬化後から使用再開までが早かったです。

ウレタンにより壁面や締結部の衝撃を緩和し、摩耗や損傷を予防することができました。同時に防音性も高めることができました。

このページの先頭へ

お見積り・お問い合わせ